環境に優しい行為を意識しよう

>

プルタブやフタも捨てられる

ケガを防ぐ目的がある

従来は、プルタブを別にして捨てる方法が主流だと言われていました。
ですからアルミ缶を捨てる時に、丁寧にプルタブを外している人がいたのではないでしょうか。
しかし現在のアルミ缶は、簡単にプルタブが外れないようになっています。
無理に外そうとすると、手をケガしてしまうかもしれません。

危険なので、プルタブを外さないでください。
本体に付けたままでも、アルミ缶を処分できます。
一緒にリサイクル施設に送られて、再利用されるので資源を無駄に使うことはありません。
時代と共に、リサイクル方法が少し変わってきていると覚えておきましょう。
ですから、定期的に確認しなければ間違った方法になります。
新しい方法が生まれていたら、順応しましょう。

アルミ缶のボトル

プルタブではなく、フタが付いているアルミ缶のボトルもあります。
フタもアルミから作られているので、一緒に処分できます。
全てまとめて捨てられるので、手間が掛かりませんね。
アルミ缶のゴミ箱は、公園などにも設置されています。
街中を見ると、至るところにあることがわかるでしょう。
必ずゴミ箱に、飲み終わったアルミ缶を入れてください。

絶対に、ポイ捨てはしないでください。
ゴミ箱に入れることが、きちんとルールとして決まっています。
自分1人ぐらい、ルールを守らなくても大丈夫だと甘く考えないでください。
誰かがルールを破ることで、ゴミが増えて地球環境が悪化してしまいます。
みんなでルールを守って、資源を大切に使っていきましょう。


この記事をシェアする