環境に優しい行為を意識しよう

>

絶対にポイ捨てはしない

アルミ缶を回収する日

燃えるゴミを出す日、資源ゴミを出す日などと地域によって回収する日が決まっています。
アルミ缶を捨てる日ももちろん決まっているので、間違えないで出してください。
地域ごとに、曜日が異なります。
そのため引っ越してきたばかりの頃は、まずゴミを出す日の確認をしましょう。
前回住んでいた地域と、曜日が異なっているかもしれません。

また、回収する時間も決まっています。
それまでに出さなければいけないので、時間も把握しましょう。
余裕を持ってアルミ缶を処分してください。
きちんと決められた日に出すことで、アルミ缶がリサイルされます。
適当に捨てると余計なゴミが増えますし、資源の無駄遣いが進んでしまうので気を付けてください。

間に合わなかった場合

アルミ缶を出さなければいけない日が、ちょうど出張や旅行と重なっているかもしれません。
家にいない時は出せないので、そのままにしているとアルミ缶が溜まってしまいます。
出せなかった場合は、駅やスーパーに行くのがおすすめの方法です。
たくさんの人が利用する施設に、アルミ缶の回収ボックスがあります。
いつでも入れられますし、定期的に業者が回収してリサイクル施設に運んでくれるので資源を無駄に使うこともありません。

ずっと自宅にアルミ缶を放置していると、いずれ大量になります。
その頃には出すのも面倒になるでしょう。
毎週きちんと出していれば、スムーズに処分できます。
なるべく忘れないように、アルミ缶を処分してください。


この記事をシェアする